椎骨:あなたが知る必要があるすべて(解剖学と病理学)

腰椎の解剖学

記事のレビューと承認 イブティサマ・ブカス博士、かかりつけ医 

椎骨とは何ですか? 頸椎と腰椎の違いは何ですか(とりわけ)。 この記事では、脊椎について知っておくべきことをすべてカバーし、これらの解剖学的構造に関連する病状を紹介します (あらゆる種類の背中の痛みを含む!)。

椎骨: 定義

椎骨の数

Il existe 33 vertèbres au niveau de la colonne vertébrale. Leur juxtaposition forme la colonne vertébrale, également appelée rachis. Elles sont séparées ainsi:

  • 7つの頸椎
  • 12個の胸椎(背椎とも呼ばれる)
  • 5 腰椎
  • 5つの仙椎(融合)
  • 4つの尾骨(融合)

Individuellement, chaque vertèbre est constitué d’un corps vertébral, d’une apophyse vertébrale (arc postérieur en forme de demi-cercle) et d’apophyses transverses (saillies osseuses horizontales et latérales) et apophyse épineuses (saillies osseuses postérieure). Elle est articulée avec les vertèbres sus et sous-jacentes par le disque intervertébrale, l’apophyse articulaire et les ligaments intervertébraux.

一緒に、椎骨は前方 (頸椎と腰椎のレベル) で 2 つの凸状湾曲を形成し、後方 (背側と仙骨のレベルで) 2 つの凸状湾曲を形成します。

La juxtaposition de vertèbres comprend un espace libre de forme cylindrique. C’est là que passe la moelle épinière, cette structure nerveuse qui constitue en quelque sorte le prolongement du cerveau tout le long de la colonne vertébrale. Le rôle des vertèbres est donc de protéger la moelle épinière.

頸椎

La 頸椎 7つの椎骨で構成されています。 それらには、C1、C2、C3、C4、C5、C6、および C7 の番号が付けられています。 頸椎は頭を上げた状態で関節を形成し、 背柱 下。

最初の XNUMX つの椎骨は、他の椎骨に比べて独特の特徴を持っています。

最初の頸椎 (C1) はアトラスと呼ばれます。

2 番目の頸椎 (CXNUMX) は軸と呼ばれます。

Voici un exercice pour identifier la vertèbre C7 qui forme la transition entre les vertèbres cervicales et thoraciques. Placez votre nuque en légère flexion (penché vers l’avant). Passez vos doigts sur vos vertèbres de haut en bas, jusqu’à sentir une saillie osseuse. Cette proéminence constitue l’apophyse épineuse de la vertèbre C7 (en d’autres termes, une excroissance osseuse faisant partie de la vertèbre en question).

頸椎にはいくつかの役割があります。 一方で、それらは視線を安定させることを可能にします。 次に、首をさまざまな方向に動かすのに役立ちます。

この部分の痛みを頸部痛といいます。

胸椎(または背椎)

胸椎の数は 12 個です (T1 から T12 まで)。 それらを修飾するために、背椎という用語を耳にすることがあります。 この場合、D1 から D2 までの番号が付けられます。 それらは上の頸椎と関節を形成し、 腰椎 下。

それらは、横方向に肋骨と関節運動するという特殊性を持っています。

この部分の痛みを腰痛といいます。

腰椎

腰椎は全部で5個(L1~L5)あり、これらで腰部を構成しています。 それらは上にある背柱と下にある仙骨と関節を成しています。

腰椎は、主に腰に位置し、体重を支えなければならないため、他の椎骨よりも頑丈です。

この部分の痛みを腰痛といいます。

仙椎

仙椎(仙椎ともいう)は5個あり、S1、S2、S3、S4、S5と呼ばれますが、癒合しているという特徴があります。

これらの椎骨の並置が仙骨を形成します。この三角形の骨は、脊椎の一番端にあります。 仙骨は腸骨 (仙腸関節を形成する) と連結され、尾骨で終わります。

脊椎に関連する病理

以下は、脊椎の椎骨に関連する病状のリストです。 腰痛の原因のほとんどは次のとおりです。

トップに戻ります